法人概要

理事長ごあいさつ

「住み慣れた土地で最後まで暮らせる幸せ。」
これが、社会福祉法人正心会の理念です。

緑豊かな中でも16万人以上の人口を抱える流山市は、つくばエクスプレス線の開業により、急速に人口が増えており、都心で働く人のベッドタウンとしての1面のほか、この5年間で高齢化率が3.2%も上昇しているという状況も抱えています。

本来、介護とは、家族間(自宅)で行い、看取るのが理想ですが、都心に通勤している市民が多い流山市で、働きながら安心した介護を行うためには、介護施設の数が不足していることは否めません。昨今、有料老人ホームの低価格化が進んでいますが、介護保険法や諸法令の根拠による特別養護老人ホームに比べ、価格・質・内容が均一化されていないなど、安心して老後の生活を送るには高齢者にとって不安な一面も見受けられ、流山市においても市民に向けたさまざまな介護・社会施設等のインフラ整備が急務になっています。

そこで、私たちが、地域におけるセーフティネットとして、法人設立及び施設整備を担う一助になりたいと考えました。特別養護老人ホームを中心にデイサービスやショートステイまで、施設介護を核として在宅介護の継続も視野に入れた施設を創ることは、地域の皆様にとっても精神的な安心に繋がると考えています。

高齢者向けの施設が高齢者のためだけでなく、地域の方にも利便性のある施設になり、また、老いをマイナスと考えず、社会全体で支える精神を築くことこそが、本来のノーマライゼーション社会であるといえるのではないでしょうか。東日本大震災において、老人福祉施設が高齢者に限らず地域の人々の避難所として大きな役割を果たしたことは記憶に新しいところです。

私たちは、誰もが『人間らしく生きる人生』を歩んでいけるよう、真に必要なサービスを提供し、サービスを必要とする方々と幸せの共感を世の中に広げていくことで、日本の福祉や社会全体の活性化を図りたいと考えます。

私たちの目指す介護のあり方は、施設介護・在宅介護を問わず、従前の生活と変わりない日常生活空間を提供し、ご利用者個々の意思や人格を最大限に尊重しながら、利用者が相互に社会的関係を構築できるよう支援していくものです。その実現のために、ユニットケアを導入することで、共同生活空間を中心に利用者同士が社会的つながり(コミュニティの形成)を支援できると確信しています。

社会福祉法人 正心会

特別養護老人ホーム 美晴らしの里

理事長 岡村 徳久

法人案内

法人名 社会福祉法人 正心会
理事長 岡村 徳久
住所

特別養護老人ホーム 美晴らしの里

〒270-0145 千葉県流山市名都借1126番地

電話 04-7141-8822
ファクス 04-7141-8833
メールアドレス seishinkai@aw.wakwak.com

決算報告

第4期(平成28年4月1日~平成29年3月31日)の決算報告書は、下記よりご覧いただけます。

過去の決算報告はこちらからご覧いただけます。

第3期(平成27年4月1日~平成28年3月31日)決算報告書
第2期(平成26年4月1日~平成27年3月31日)決算報告書

現況報告

平成28年4月1日現在の社会福祉法人現況報告書は、下記よりご覧いただけます。

過去の現況報告書はこちらからご覧いただけます。